さつまいもスイーツ・おいもスイーツ ランキング

さつまいもの栄養って・・・

さつまいもスイーツのさつまいも。

 

さつまいもって体によいのでしょうか?

 

食べておいしくて、食べ過ぎても洋菓子に比べて体に悪くないのが、さつまいもスイーツなんです。

 

さつまいもは、食物繊維をはじめ、ビタミンC、ビタミンB群が豊富な野菜です。

 

そんなさつまいもの栄養を説明します。

さつまいもの食物繊維は、いも類の中では一番多い

さつまいもの食物繊維は、いも類の中では一番多いんです。

 

さつまいもは、食物繊維をはじめ、ビタミンC、ビタミンB群が豊富な野菜です。

 

その中の食物繊維は、いも類の中では一番多く、便秘の改善や予防に効果的な栄養成分です。

 

便秘が改善されると、ニキビや吹き出ものが少なくなります。

 

食物繊維は、ダイエット効果があることも有名ですよね。

さつまいもは、食物繊維、ビタミンC、ビタミンB群が豊富な野菜

さつまいもは、食物繊維、ビタミンC、ビタミンB群が豊富な野菜です。

 

ビタミンCの働きで、肌のメラニン色素が減り、肌のハリも良くなると同時に、老化やガンの予防効果も期待できます。

 

さつまいもは、食物繊維とヤラピンの2つによって、便秘改善に大きな効果があるわけです。

 

さらに、さつまいもには、ビタミン以外にカルシウムやカリウムなどの栄養も、多く子供の身長の成長にもよいというメリットもあるのです。

さつまいものビタミンCは、加熱調理しても壊れずに残る

さつまいものビタミンCは、加熱調理しても壊れずに残ります。

 

今、さつまいもスイーツが栄養面からも見直されている理由もここにあります。

 

さつまいもは食物繊維やビタミンCの含有量が多いのですが、加熱調理しても6割のビタミンCが壊れずに残る性質があります。

 

つまり、さつまいもをスイーツ菓子に調理しても、ビタミンCが大分残っているのです。

さつまいもは太らない

意外なことに、さつまいもは食べても太りません。

 

さつまいもを食べると、太ってしまうと思われています。
しかし、さつまいも全体の6割以上が水分なので、実はカロリーもそう高くありません。

 

さつまいもは、食べ過ぎない限り、太ることはないのです。
さつまいもは形状から、太るイメージがあるのですが、大きな誤解です。

 

さつまいもは、スイーツにしても、食物繊維やビタミン、ミネラルなどの栄養を補給できます。

 

さつまいもスイーツは、太らずに栄養も補給できて、しかもおいしくいただけることができるという、ある意味「贅沢なスイーツ」なのです。

さつまいもスイーツ